せとかのページ

土佐 温室せとか ~ずっしり甘い~
01-161

土佐 温室せとか ~ずっしり甘い~

土佐 温室せとか ~ずっしり甘い~

ありがとうございました
毎年人気の「土佐せとか」。

2022年度 販売終了いたしました。
2023年度の販売は、1月下旬ほどからの予定です。
宜しくお願い致します。

「温室せとか」の人気は決めの細やかな果肉に
ギュ〜〜〜〜〜ッと詰まった、コクのある果汁。

そして春らしさの漂う香り。
果汁たっぷりの清見に、マーコットの甘味と食味。

温室せとか
濃厚な香りと、はぎやすさはアンコールオレンジから。
簡単にいうと 「美味しくて、食べやすい」
というこの時期人気の柑橘!
柑橘の新星!そのまま剥いで食べていただくと、豪快な感じで楽しんでいただけるかと思います。
お客様にお出しする場合等は、左の用に櫛形に切っていただくと、食べやすいです。

空とぶスイカ 1玉(約2kg)

初夏においしい、ルナピエナ
13-031

春においしい、ルナピエナ

春においしい、ルナピエナ

ありがとうございました!
2022年 春作の販売終了いたしました。

5月程から 大玉ルナ・ピエナ販売開始となります。
https://www.i-yamacho.net/luna-piena.html

・・・この時期にスイカ?
いえいえ、そこを上手に作りこなすのが
高知の技術です。

だからこそ驚きと感動を呼ぶのですね。

土佐 夜須ルナピエナをはじめとする、温室すいか。

「空飛ぶすいか」とも呼ばれるのは、
スイカが温室の中で、浮かんでいるように見える所から。

この時期の「空飛ぶすいか」も
高知が自慢の立体栽培にて、丁寧に育てらます。

是非、お楽しみください。

「空とぶスイカ」の苗木。

春においしい、ルナピエナ

定植(土に植える)を待つようす。

実はとっても根気と技術のいる作業を経て
可愛らしい姿になるのです。

春においしい、ルナピエナ
そしてこれが、まさに「空飛ぶスイカ」たるゆえん。

マスクメロンなどでは、ご存知の方もいらっしゃまいますが
スイカでは、中々出来ない技術だと思います。

このように、1玉ごとに吊り上げることで、
果実への日当たりは基より、葉への日当たりも
調整できるため、素晴らしいスイカが育つのです。

 

春においしい、ルナピエナ
出荷の様子。

この後一玉一玉、検品されて行きます。

皮うすなので、ゆ~~くり。

お届けまで、今少しお待ちください。

 


エメラルドメロン1玉

06-021

春に美味しいエメラルドメロン

おまたせしております。
2022年 春作「エメラルドメロン」。
販売開始いたしました。

一苗に一果。
土佐の宝石「夜須 エメラルドメロン」

ただこの時期は、大変生産量が少なく
少しお待ちいただく場合もございます。

お早目のお声かけを、お願いいたします。

高知県夜須町で育てられる
土佐自慢の果実。

エメラルドメロン

しっとりと甘く、上品な香り。

繊細な果肉に、輝く果汁がたっぷり。

まさに極上の土佐の宝石。


eme20140204お届け時は比較的アンテナ(つる)が張っております。

この時期に切っていただくとぱりっとした清涼感のある果肉をお楽しみいただけます。

追熟が進むにつれて次第に枯れてゆきます。

この頃から果肉がやわらかくなり、香りも出てきます。


 

06-eme-13

アールス系メロンの命ともいえる、ネット。

初めて美しいネットが張られこのネットがきちんと機能して薄く色づく果皮の上に果実に養分を運ぶ、重要な役割です。

このことで、美味しいエメラルドメロンが育つのです。

 


メロンの二葉達。ハウスにお邪魔した時にとっても可愛かったので撮らせていただきました。
実はこの二葉達は、苗床から出されて巣立ってゆく所なのですね。
この段階でしばらく様子を見ていよいよ定植(畑に植え変えられて)されてゆきます。

そして、大きくなったエメラルドメロン達。
ここには、夜須エメラルドメロンのこだわりがいっぱい。●「一本(一蔓)に一果」栽培。
幾つかの果実の中から、厳選された一果のみを残します。●「立体栽培」
その選ばれた一玉を、一玉づつ吊り上げて栽培する技法。
葉の陰にならないように、虫が来ないように、と。
日々の努力が重ねられてゆきます。●防根透水シート
エメラルドメロンは、地面に植え付けられているように見えますが、特殊なシートを埋め込み、大地と隔離した状態で栽培されています。
これによって土壌水分をコントロール出来るようになり、高品質なエメラルドメロンを育てることが出来るようになりました。●ドリップチューブ
世界最高水準の均一かん水を可能にしたチューブを取り入れ、季節や天候に応じて、きめ細かい水掛が可能になりました。この精密な潅水を続けることで、高糖度で食味の良いエメラルドメロンが生まれるのです。●ヤシガラ
メロンの根には空気(酸素)がたくさん必要です。しかしシート内の土の量は限られています。
そこで、ココナッツ果実の殻を砕いたヤシガラを床土に混ぜることによって、空気の割合を高め、健全で肉質の良いメロンを育てています。

これらの技術と、農家さんの愛情あってこそ、美しく美味しいエメラルドメロンが育つのです。

贈り物としても最適の 夜須メラルドメロンを是非ご賞味下さい。


美味しく食べるポイントエメラルドメロンは「食べごろ」として明記の上、出荷をさせて頂いておりますが、「硬め」の果肉がお好きな場合は少し早く。また「軟らかめ」の果肉の場合は少しおいてからお楽しみください。また、あまり冷やし過ぎますと独特の香りが飛んでしまいます。
お食べになる3〜4時間ほど前に冷やしていただくか、既に冷蔵庫にある場合は食べる少し前に冷蔵庫から出しておくとよいでしょう!
こちらも参考にして下さい。
https://www.i-yamacho.net/tabegoro-melon