土佐キーツマンゴー

碧の完熟 土佐マンゴー
07-171

碧の完熟 土佐マンゴー

碧の完熟 土佐マンゴー

大変申し訳ございません
2019年の販売は、夏の長雨の影響で
作柄不良のため、販売は中止とさせていただきます。

この、キーツマンゴーの特徴は
「碧のままで、赤くならない」マンゴーなのです。

 碧の土佐マンゴー 日本では「アーウィン」の品種が有名なので

どうしても「マンゴー=赤」のイメージがありますが

このキーツという品種は、赤くならずに食べ頃を迎えます。

ですから当店では「碧のマンゴー」として販売いたしております。

 碧の土佐マンゴー でも、果肉はとってもきれいなマンゴー色。

ぜひ一度、ご賞味ください。

ありがとうございました。

2018年度の販売は、8月初旬ほどからを予定しております。

土佐 葡萄(ぶどう)

06-130

うまみの土佐葡萄

ありがとうございました。
2019年の販売、終了いたしました。

 

「甘い!」が得意な葡萄や、種無しで皮ごとおいしい葡萄。

そして、大人の「うまずっぱ!」を楽しむ葡萄など
色々あります。

真夏に食べる、土佐の宝石
色とりどりの葡萄(ぶどう)。
貴方のお好みは、どんな味でしょうか?

 

土佐 やまもも

土佐やまもも ~旨ずっぱっ~
06-141

土佐やまもも ~旨ずっぱっ~

土佐 やまもも ~旨ずっぱ!~

土佐やまもも
2019年 販売終了いたしました。
2020年の販売は6月初旬ほどを予定しております。
宜しくお願いいたします。

あま酸っぱくて、おいしい果実
を代表するくだもの。

それが、「やまもも」なのです。

食べ方もとっても簡単。

ぱくっとお口に入れるだけ!
ね、かんたんでしょ。

お好みによって、少しお塩を振られても 美味しいですよ。
基本的に「水分」に弱い為
水洗いをされますと風味が落ちる場合があります 。
本年は5月末ほどから出荷の予定です。

これからの時期、一番心配なのは「雨が多い」事。

上記にも書きましたが
実は「やまもも」は、とてもデリケートなくだもので
水分にとても弱いのです。

尚、「やまもも」に関しましては、以下の点にご注意下さい。

期日指定は出来ません。
また、お品の出来具合によっては
お届けが出来ない場合がございます。
ご了承下さい。

土佐 秋月(あきづき)梨

じゅわりと甘い、土佐秋月
09-128

中秋の銘梨「あきづき」

2019年 ご予約開始いたしました。
出荷は9月中旬程を予定しております。
宜しくお願いいたします。

さくっとした、食感に
たっぷりの果汁が自慢の「あきづき」

梨の大御所「幸水」と「豊水」に加え
「新高梨」のDNAを受け継ぐ
梨の新星なのです。

また果実の形も、非常にきれいに育つ所も
さすがの「あきづき」

是非ご賞味ください。
本年は、夏の高温や豪雨の影響もあり
出荷量が少ないことも予想されます。
お早目にお声かけください。

10月初旬までの、限定販売です。

 

小春の小夏(こはるの こなつ)

小春の小夏 ~ふわりと甘い~
02-153

小春の小夏 ~ふわりと甘い~

小春の小夏 ~フワリとおいしい~

ふわりとした、優しい甘さが特徴の「小春の小夏(こなつ)」

初夏に美味しい「土佐小夏」とは趣の違う味わいで、
この時期だけの、期間・数量限定のご案内です。

量も大変少なく、お届けまでに少しお時間を頂く場合がございます。
ご了承下さい。

「凛」とした,「土佐小夏らしい味」がお好きな方は
4月程まで、今しばらくお待ち下さい。

※「小春の小夏(こはるのこなつ」は当店の登録商標です。

土佐 温室みかん

土佐 温室みかん ~初夏の贅沢なおいしさ~
05-900

 

土佐 温室みかん ~初夏の贅沢なおいしさ~

 

土佐 温室みかん ~初夏の贅沢なおいしさ~

夏の贈答にも、食べやすさで一番人気!

2019年 いよいよ、最終のご案内となります。
※現在入荷量が少ない為、少しお待ちいただく場合がございます。

温室栽培40年。
ハウスの張り方や、温度のかけ方で
味が大きく変わる温室みかん。

美味しい温室を研究し続けて

40年の歴史と
たゆまぬ努力が
今年も美味しく実りました。

yamakita-01

温室でたわわに実った蜜柑たち。

蜜柑はもちろん。

葉にも太陽が当たるように

すさまじいまでの努力。

頭が下がります。

yamakita-02

 

収穫を待つ蜜柑たち。

すくすくと育った
蜜柑たちの色付きや

硬さを見ながらの
収穫作業が続きます。

温室 土佐文旦のページ

プリリと美味しい、土佐の贈答
12-007

土佐文旦イメージ

温室土佐文旦(ぶんたん)

 

buntan-02

温室の中で、じっくり時間を
かけて育てられた文旦。

露地栽培に比べてみても
約2ヶ月ほど早い時期に
旬を迎える温室文旦。

濃い黄色が印象的。

爽やかな香りと酸味が
文旦の甘さと、よく調和して

南国土佐を代表する
果実として人気です。


 


buntan-01

外皮をはいでいく時間も
楽しんでもらえる、土佐文旦。

プリプリの土佐文旦の実は
きらきらと輝く、食べる宝石。

お口に美味しく、体にも
しっかり美味しい土佐文旦。

忙しい、こんな時期だからこそ、
健康に気を使う方にも喜ばれるのです。


碧(あお)の水晶®のページ

碧の完熟 プリリとおいしい
09-005

碧の完熟 プリッとおいしい

碧の完熟 プリリとおいしい

お待たせしました。
「碧(あお)の水晶」
ご予約開始となります。
※出荷は9月中旬程からの予定です。

碧(あお)のままで完熟する、土佐の秋味。
プリリとした果肉に、じゅわりとした果汁が
とっても人気!

碧(あお)の水晶
いよいよ販売開始となりました。

 

水晶文旦15年ほど前までは「碧のままでは売れんろう(売れないだろう)」との声もあり、 黄色への着色処理をした上で出荷されていました。

けれども、やはり「この碧玉の、凛とした美味しさを食べていただきたい」との想いがあり、市場や農家さんと話を続け、【碧(あお)の水晶】として販売ができるようになりました。

碧の水晶水晶文旦は、土佐文旦の血を受け継ぎ 昭和27年ほどに 高知県室戸市にて誕生しました。

寒さにも弱いため、栽培はもちろん温室の中で栽培で、丹精込めて育てられます。そして「この独特の味を届けたい!」との想いから始まり、現在は「土佐の宝石」と云われる様になりました。

人工的な着色ではありません人工的な着色ではなく 自然の着色に任せることで、 多少の色むらは出来るものの、凛とした風味が出てきます。
そしてまた【水晶文旦】独特の プリッとした食感と、瑞々しい香りを楽しんでいただけるのも【碧(あお)の水晶】の喜ばれるところです。※「碧(あお)の水晶」は登録商標です。
美味しく食べるポイント冷やしてお召し上がりの場合は、食べられる4〜5時間ほど前に冷蔵庫へ入れて下さい。 ただ水晶文旦は低温に弱いので、ご家庭用の冷蔵庫での長期保管はお勧めできません。冷暗所にての保存をおすすめします。